カイトと学ぶC/C++

プログラム初心者から基本情報レベルまでのC/C++を扱うブログ

C++の基本構造を知ろう!

今回からプログラミング回です!

 

では今回の目標!

  1. C++の基本構造を知る
  2. プログラムを実行できるようになる

 

 

準備

プロジェクト名「Prog-2-1」

ソースファイルは「main.cpp」を準備しましょう!

 

 

書いてみよう!

ではさっそく書いていきましょう!

 

    //main.cpp
    int main(void)
    {
        //ここに処理を書いてくよ!
        
        return 0;
    }

 

 

それでは解説!

 

・1、4行目が「コメント

プログラム内のメモ書きみたいなものです!

    //一行
    /*
        こっちが
        複数行
    */

「//」を書くとそれ以降(その行だけ)がコメントになります。

「/*」「*/」を書くとその間(複数行)がコメントになります。

プログラムとしての意味は一切ないですが、後から見かえした時に理解しやすくなるメリットがあります。

必ず書くように癖をつけましょう!!

 

・2行目が「エントリーポイント

プログラムの開始地点です。(正確には違いますが今のところそれで問題ないです)

C++ではmain関数です。

 

・3、7行目(メイン関数下の「{」から最後の「}」)の間がmain関数の内容です。

コメントに書いてある通り、「{」と「}」の間に処理を書いていきます。

 

・6行目の

        return 0;

これはプログラムが正常に終わったことを(main関数に)伝えるものです。

 

 

プログラムを動かしてみよう!

 プログラムが書けたら実行してみましょう!

下の画像の通り「デバッグ」→「デバッグなしで開始」

もしくは「Ctrl」を押しながら「F5」で実行できます!

 

f:id:Kaito_1117:20201015213550p:plain

 

すると...

f:id:Kaito_1117:20201015213601p:plain

こんな画面が出てくるはずです!(場合によっては1行目はでないかも)

出たら成功です!

 

今回はここまで!お疲れ様でした!